妊娠中の風邪はかかる前に予防を!

妊娠中は薬が飲めませんから風邪予防は必須です。外出も避けたいところですが、検診や普段の生活でも人ごみは避けられません。 普段仕事や運動をしていた人は体力が妊娠前よりも減っている恐れもあるので風邪にかかりやすくなっているかもしれません。 健康維持の大切さを少しでも理解してい頂ければ幸いです。

誰でもひくのが風邪、でも油断は禁物

「うつは心の風邪」という言葉があります。これはうつ病への偏見を取り除くために用いられる言葉で、うつ病が風邪と同じぐらい誰しもがかかる可能性があるということを示しています。そのぐらい風邪はごく普通にかかる病気であるということができます。冬が風邪の罹患率が多い時期とされていますが、実際には季節を問わず風邪にはかかります。風邪のウイルスはいなくなることはなく、抵抗力が落ちると風邪を発病します。

風邪によって引き起こされる症状にはのどの腫れや痛み、鼻水、鼻づまり、頭痛、悪寒、吐き気、おう吐、くしゃみ、下痢、咳、たん、関節痛、筋肉痛、発熱などがあります。これらの症状は身体が体内に侵入した風邪のウイルスを攻撃し、追い出すために引き起こされます。軽い場合であればどれも軽症ですみますが、重い症状が引き起こされる場合もあります。とくに発熱は40度近くまで上がる場合があり、高熱になると身体中に痛みを伴ったり、意識がもうろうとしたりします。合併症を引き起こす危険もあるので風邪と言っても油断せずに対処することが必要です。

幅広く効く市販薬、個々に効く処方薬

風邪薬には薬局やドラッグストアで買うことができる市販薬と、病院で診察を受けなければ手に入れることができない処方薬があります。風邪によって引き起こされる諸症状を抑え、体を楽にするのが市販薬です。以前の総合感冒薬とは違い、最近は「鼻水・鼻づまりに効く」や「解熱する」、「のどの痛みを抑える」というように、症状ごとによく効く風邪薬が主流となっています。しかしそれでも一人一人違う症状に対応するわけではないので、いろいろな症状に広く効くという性質のものになっています。

これに対して処方薬は抗生物質や鎮痛解熱剤、必要な胃腸薬や栄養剤が症状に応じて処方されます。場合によっては注射薬が注射によって体内に注入される場合もあります。医師の診察によって処方されるものなので、その時の風邪を治すために必要な薬の量が的確に出ます。誰かにあげたり、取っておいて風邪を次にひいたときに服用したりするとことはできません。

小さな胎児には微量の薬も大きな脅威

薬は、一般的には人間の身体に悪影響を与えることはありません。しかしいくら安全でも、妊娠中の女性の薬の服用はできれば避けたいものです。薬は服用すると有効成分が胃や腸から吸収され、血液を通じて全身へと運ばれます。子宮内にいる赤ちゃんに、生命維持に必要な酸素や成長に欠かせない栄養を運搬するのも血液です。その血液に母体のためとは言え薬の成分が混ざってしまうこととなり、赤ちゃんのもとにも運ばれてしまいます。妊娠中の女性が薬を服用するということは、おなかの中にいる赤ちゃんも一緒にその薬を服用するということを意味します。

成人に比べ、まだ生まれていない赤ちゃんの身体はとても小さなものです。 それだけ対比すると多くの薬の成分を取り入れることになってしまいます。薬は用量を守って服用することが必要で、 多くを飲みすぎると異常が引き起こされる恐れがあります。ほんのわずかな量の薬であっても身体の小さい赤ちゃんにとっては大量の薬の成分が届いてしまうことになり、 どのような影響があるかわかりません。妊娠活動に良く良いと言われる葉酸サプリは、これはサプリメントであり、薬ではありません。食物で補えきれない栄養素、葉酸を補うものですので 見た目は薬のような錠剤ですが、安全です。

妊娠中は全期間を通じて風邪に注意!

妊娠初期のころは脳や脊髄、内臓など、生命維持に必要な器官が形成されている最中です。このような時期にどのような影響があるかわからないものを口にすることは、大変に危険です。流産となったり、生まれてきてもあまり長く生きられなかったりするような重大な異常や奇形を引き起こしてしまう恐れがあります。いっています。妊娠中期や妊娠後期は比較的お腹の赤ちゃんは安定していると言いますが、それでもやはり薬の服用は避けた方が良いもののひとつにあげられます。

風邪をひくと熱が出る恐れがあります。熱を出ると身体のいたる場所の温度が上昇します。当然のことながら子宮内、おなかの赤ちゃんをその液体の中に浮かして衝撃が加わらないようにしている羊水の温度も上がってしまいます。羊水の温度が上がることによってもおなかの赤ちゃんはダメージを受けるとされています。

やはり一番気を付けないといけないのは冬。外出は避けた方が良いのですが、病院にも通いたいし、適度な運動も必要。外出が必要な場合は暖かい恰好、とくにのど元を覆って風邪を予防してとにかく体を冷やさないようにしましょう。 外出中も人ごみを避け、うがいや手洗いを欠かさずにするのが基本です。手洗い、うがいも正しいやり方をきちんと覚えましょう、かえって病原菌を体内にいれることにもなりかねません。

いくつかを組み合わせて効果的に風邪予防

薬も飲めない、熱が出てもよくないという妊娠中の女性は、風邪をひかないようにすることが大切です。風邪をひいてしまってからどうにかしようとするより風邪を引かないように予防することのほうが簡単で、なによりおなかの赤ちゃんのためになります。風邪の予防法にはさまざまなものがあります。いくつかを組み合わせることによって効果もより高めることができます。

妊娠中にかかると怖い病気

妊婦さんがかかる病気で怖いのが「風しん(ふうしん)」です。風しんは「3日はしか」と呼ばれる子供がかかりやすい病気ですが、妊婦さんがなると胎児に悪影響が出ます。

特に、妊娠初期でこの病気にかかると「先天性風しん症候群」といって、精神や身体の発達の遅れなどの障害を持った赤ちゃんが生まれると言われています。妊娠初期は胎児の器官が形成される大事な時期ですから、感染に注意が必要です。

風しんのおもな症状として発疹、発熱、リンパ節のはれなどがみられますが、こういった症状が出ない場合もあるようです。風しんの予防接種をした後の「副反応」には、発疹、発熱、リンパ節のはれ、じんましん、関節痛などがみられます。

妊娠前に風しんの予防接種

風しんにかからないようにするには、風しんワクチンを予防接種で受けておくのが効果的です。現在は単独の予防接種以外に、「麻しん・風しん混合ワクチン」が出ているようです。麻しんもまた、ウイルスによる感染症の一種です。

風しんのワクチンは生ワクチンなので効き目が強いことから、妊娠中は予防接種を受けられません。妊娠前に予防接種を受けて、風しんに対する抗体を得ておく必要があります。

また、ママだけでなく、他の家族からうつるおそれもあるため、家族全員が予防接種を受けておいた方がよいでしょう。予防接種する際に補助金が出る自治体もありますから、自治体の相談窓口にお問合せください。

風しんとインフルエンザ

風しんとインフルエンザで予防接種を受ける時期がかぶったとき、インフルエンザと同時に予防接種を受けても大丈夫でしょうか?

風しんは「生ワクチン」、インフルエンザのワクチンは「不活化ワクチン」で、風しんは接種後28日、インフルエンザは1週間ほど間隔をあけないと、次の予防接種を受けられません。どちらを先に予防接種するかということなので、産婦人科の医師にご相談ください。

風しんの予防接種は妊娠時だから、妊娠するのが夏頃であれば、冬に流行りやすいインフルエンザとは、接種時期がかぶらないかもしれません。また、風しんが流行りやすいのは春先から初夏にかけてと言われているので、インフルエンザと同時期に流行ることはなさそうです。

かかりやすい時期なども考えながら、予防接種を受けるとよいのではないでしょうか?

Copyright © 妊婦になったら風邪予防!風邪をひかないようにするには?. All rights reserved.